森高千里似の美人熟女さん!これだから出会い系はやめられない!

こんにちは。

タケダです。

今日は、半年かけて仲良くなったひーちゃんとしたSEXについて書きたいと思います。

なぜ半年も時間がかかったのかというと、彼女は少し興味本位で始めた出会い系だったので警戒がすごかった・・・

でも、写メがあまりにも可愛すぎるのと、43歳だったので我慢できました

 

最寄りの駅で待ち合わせ!森高千里似のひーちゃん♪

すごく期待している本日

徒歩で歩いてくる、見るからに綺麗な感じが漂う女性がいます

特に勝手な先入観があるだけにそう思っているのかもしれませんが、楽しみで仕方がありません

出会い系やっているとたまにこういう美人さんがいます

しかも知り合いになれるし、ヤレるという人生きててよかったと思う瞬間です

 

身長165センチくらいで、ジムに通っているだけにスラっとしていて髪が長い彼女

自分の中では森高千里に似ている感じです

もうやり取りして半年だけに、お互いニックネームで呼びまくる仲です

 

イタリアンでワイン飲みながら食事

もはや、単にデートでもいい感じの人です

彼女のことは大体事前の話でわかっているので話がはやい

やり取りで、たまに送られてくるネイルの何気ない写真で彼女の綺麗さが伝わってきてまいた

そして本物も綺麗

街中で綺麗な人がいてふと振り返ってしまうのはまさに彼女の事でしょう

こういう人は時間をかけて仲良くなるのが一番です

 

お互い分かっていて安心感があるので、ついついワインが進みます

それは自分だけでなくてひーちゃんもそうだったみたいです

顔が赤くなってきて

「最近どう?」

「そうね、子供もだいぶ手が離れてきてやっと自分の時間が出来たの~」

「そうなんだ」

旦那さんとは別の部屋で寝ているらしいです

夜の生活はどう?・・・なんで聞けない!!

綺麗な方にそんなハレンチな事はきけませんでした

 

だんだん自分もひーちゃんに甘えてくる感じで話をしてるのが分かります

「ね~ ひーちゃん。モテるでしょ~ かわいいしさーー」

「そんな事ないよ~」

「じゃ おれひーちゃんに誘っちゃうかな~」(笑)

「やだ~ もう~」

お互多少なりとも酔っているからこんな感じで話が進んでいきます

 

イタリアンを後に外を歩こうという展開に

散歩しながら、ベンチに座ると少し落ち着いた感じ

そっとをひーちゃんに手を差しのべたら、拒否もしなくてそのまま受け入れてくれました

肩を寄せ合い、僕はがんばって彼女にキスを迫りました

うす暗い中だったから、彼女は少し恥ずかしいかんじでしたが、軽くキスをして彼女を軽く抱き寄せました

拒否する様子はなかったから僕はさらに頑張って誘ってみました

「ずっと逢いたかった、、、」

「ひーちゃん、少し休まないかい」

ホテルに頑張って誘ってみました!

 

だめなら嫌われるかも、この半年が水の泡かも・・・でもここが最後かも知れないと思い勝負に出ました

その結果、少しの間が空いたけどOK!

そういえばはじめの頃、親しくなったらHはないわけでもないということを言っていたような気がする…

気が変わる前に、足早にホテルに向かうことに

 

可愛いひーちゃんとホテルで♡

ホテルでは、恥ずかしそうにしてるひーちゃんに声をかけます

「ずっと会いたかったんだよ、初めは興味本位だったけど、半年もすると愛が芽生えてくるというか好きになってしまうんだね。」

「ひーちゃんと一緒になりたい、もっと分かりあいたい」

「ありがとう」

出会い系を超えた愛が芽生えた感じ

今までとは違った感覚

そっと唇をつけて舌を入れます

彼女は自分を受け入れてくれました

我慢できなくなった自分は胸を揉み始め、いいにおいのする首元のを舐めまわします

彼女の吐息、感じる声を聞きたかった・・・

「はあ はあ、、」

もう限界に近くなり、彼女をベットまで連れていきます

 

ブラジャーからは少し小ぶりのおっぱいが見え、それを外して乳首を吸い上げました

たまらなく綺麗な顔をしています

へその辺りまでいっておもむろに、下着を外し、少し毛深いまんこをがむしゃらに舐めました

これがあの可愛いひーちゃんのまんこか、、

いくらでも汁がでる

おしりを持ち上げてアナルもむさぼるように舐めました

「恥ずかしい、、、。 恥ずかしい、、。」

というひーちゃんを横目に、

「いくらでも、出していいんだよ。飲んであげるから、、。」

ひーちゃんにちんこを差し出すと、目をつぶりしゃぶりだしました

69の状態になり、丸見えのまんこに指をいれます

我慢できなくなった僕は正常位で挿入

もう、愛おしくてたまらない

そう、愛が芽生えて、愛おしくて、、

後ろから入れる時はお尻を鷲掴みにしながらガンガン突きました

ひーちゃんにはもう言葉が出ない感じ

「はあ はあ あああああ」

旦那は8歳歳上みたいだから、こんなに体力はないかも・・・

 

鏡に映るひーちゃんの顔がへなへなでそそります

というかもう我慢できない

こんなかわいい綺麗なひーちゃんのまんこでいけるなて、、

「ひーちゃんに いっていい いっていい」

「タケダさん きて~ きて!!!!」

もう我慢限界でちんこをはずして、ひーちゃんの口にいれました

ひーちゃんは咥えながら精子をほおばってくれます

精子を口からだしたあと、丹念に、丹念に舐めてくれなました

そのあと、僕に寄りかかって無言でキスをしてきました

それ以上の会話はいらなかった、、、

 

これからも、必ず会おうね、そしてまた色々話しようと

本当の彼氏、彼女になった感じです

出会い系では思いもよららい出会いが本当にあるんです!

 

 

彼女と出会ったのはJメールという出会い系サイトです。

綺麗な熟女の割合が多いです。

熟女と出会ってセックスしたい人はJメールがオススメです。

Jメールの登録は無料です。登録すると1000円分のポイントがもらえますよ!

 

《登録無料》Jメールはこちら【R18】

© 2021 おばさんとのセックス体験記!|出会い系サイトで熟女を抱く♪