大阪の「黒谷友香」似の熟女とカーセックス

こんにちは。
タケダです。

出会い系にハマった私が、今回は大阪出張で40代半ばの美熟女とセックスできました。

その話をちょっと・・・

 

出会い系のコツは、餌をまくように・・・

元々、出張が多い仕事だったのですが、最近は長期間の案件が増えています。

 

そうなると、仕事以外の時間を持て余すようになりました。

夜の孤独な時間がたまらなく寂しく、風俗にハマるようになりました。

風俗通いは楽しいのですが、料金が高く長続きしません。

そこで『出会い系』にハマってしまいました。

 

熟女好きの僕は、今では高確率で、出会えてデートからセックスに進めています。

しかしながら、最初からそうだった訳ではありませんでしたね。

重要なのは『良質なテンプレを編み出すこと』に尽きます。

それが出来るようになるまで、苦労しました。

今は『釣り堀に餌をまくように』テンプレメールを送信しまくります。

 

大阪駅で待ち合わせした黒谷友香似の熟女

運よくGET出来た女性は、女優の黒谷友香に似た感じの美女でした。

もちろん、あんなに整ったスタイルというわけではありません。

それでも、派手ではなく一般的な主婦って感じでしたが、イイオンナでしたね。

 

名前はマキコ(仮称)。

子供は2人で、双子の高校生。

旦那は単身赴任とのことです。

思春期の娘とは、女同士という事もあり、ぶつかることが多いと事。

ストレス発散を兼ねて、デートがしてみたかった・・・

美味しい話に、内心で笑いが止まりませんでした。

 

車の中で美熟女を楽しむ

マキコとは、夕方に大阪駅で待ち合わせしました。

最初から出会い系という事もあり、マキコとは最初から自然体で話ができました。

 

「出張先から向かうので、車なんですよー」

自然な嘘をついたが、意外にも警戒心は薄い。

 

黒谷友香に似たルックスを持つ、マキコが隣に座ってる・・・

しかも、ストレスを溜めて欲求不満なのは明らかだ。

ここは押し切るしかない。

「マキコさん、めちゃめちゃキレイですよ! 子供さんが2人もいるとは思えないです!」

「今日は、ラッキー過ぎます。 めちゃ、モテるでしょ?」

「そんなことないです。 もうオバサンだし…」

「旦那にも構ってもらえないし…」

こんなに魅力的な女性を放置するって、考えられないな…

本音でそう思えましたね。

そういう事なら、遠慮なく頂きますか…

 

「綺麗な耳だね」

僕はそっと顔を近づけました。

耳元で囁きながら、なぞるように触れてみます。

ピアスをしているから、ピアスを指先で転がしてみました。

指先の動きに合わせて、マキコは少し震えています。

そして力が抜けていく。

「くすぐったい?」

「可愛い反応だね。もっとしてあげるよ。」

マキコの耳を、唇で擽りながら軽く噛んでみる。

「あぁ、、うぅん、、んっ・・・」

唇から漏れるマキコの声を楽しみながら、指で触れてみた。

マキコは抵抗しない。私はマキコの唇を味わいました。

 

そして、私の唇は マキコの首筋へ降りていき・・・

「だ、だめ、、、声が・・・出ちゃうの…」

「声、出してもいいんだよ。 マキコの声、もっと出してみて。」

「胸の膨らみに触れたい。」

 

人差し指と中指の腹でマキコの乳首に触れてみます。

マキコは感じているのが隠し切れません。

表情からメスの本性が出ている感じです。

瞳が潤んできているのが分かります。

「マキコ、、、下も熱くなってるよ。」

「ここ、尖ってるね。」

「マキコのクリトリ…」

「いやっ、、、言わないで!」

「言わないでえぇ… だめなの。だめになる…」

「マキコの尖ってるとこ、徐々に転がしてみようか。」

「どうしてそんなに力が抜けているのかな。」

「人に見られたらマズいよね? こんなにエッチな姿を。」

「良いトシしたオンナが車中で、アソコをさらけ出してさ。」

「毛も濃いよね。手入れサボってるのも、人に見られちゃうよ?」

 

抵抗できないマキコの花びらに、指を入れてみました。

「淫らだね。こんなになってる…」

マキコは間違いなくMですね。

「一人では身動きできないよね?」

「もっと楽しもうか?」

「うぅ… リカちゃん、リオちゃん…」

「ごめんなさい。こんなに、こんなママで、、、ごめ、、、っ、あぁぁん…」

 

「場所を変えようか…」

こうして、黒谷友香似の美熟女を近くのラブホテルへ連れ込みました。

その後は、泣き叫び狂ったように乱れるマキコを楽しみました。

 

 

彼女と出会ったのはJメールという出会い系サイトです。

綺麗な熟女の割合が多いです。

熟女と出会ってセックスしたい人はJメールがオススメです。

 

《登録無料》Jメールはこちら【R18】

© 2020 おばさんとのセックス体験記!|出会い系サイトで熟女を抱く♪