京都のの50歳熟女はをパイパンにして中出しセックス!

こんにちは。タケダです。

先日、京都出張の時、50歳の人妻熟女と出会い系で出会いセックスをしました。

少しアブノーマルな体験をしたので聞いていただけたら幸いです。

 

どこにでも普通にいそうな人妻

今回出会ったお姉さんは50歳、どこにでもいる中肉中背の人妻熟女でした。

子供は3人おり、全員家を出ているそうです。ずっと専業主婦。

 

旦那と定期的にセックスをしているものの、お姉さんは普通の性癖では満足いかないらしく、アブノーマルなプレイでも受け入れてくれる男性探しが目的で出会い系を始めたそうです。

 

集合はAM11時。

近所にある有名イタリアンでランチを食べました。

 

半個室のようなところで、食事中は他愛のない世間話で盛り上がりました。

小一時間ほど話し食事も終わったのでホテルに行くことにしました。

 

ホテルへ移動

ホテルに着き、

「少しアブノーマルな性癖ってどんななの?」と僕きくと

 

「私、ドМなんです。辱められるのが大好きで…」

 

「なるほど。では今までどんなプレイをしてきたのですか?」

 

「目隠ししてローターをつけられたまま放置されたり、口内や顔に精子をかけられたりはもちろん赤ろうそくとか、浣腸プレイとかいろいろやってきました。」

 

「なかなかやばいね(笑)それで今回はなにがやりたいの?」

 

「剃毛…私のアソコの毛をそってほしいです。」

 

「旦那にはどうやって説明するの?」

 

「お家のお風呂で剃ったことにします。」

 

「分かった。なら一緒にお風呂に入ろう。」

 

といいうような経緯があり、お姉さんと一緒にお風呂に入りました。

お互い裸になり、ボディーソープを泡立て洗いっこをします。

 

彼女の体は決してスレンダーでも太っているわけではなく、程よいだらしなさを兼ね備えていました。

背中、おなか、二の腕に贅肉がついており、たいかにも〝熟女〟というような体型でした。

胸は垂れているものの大きなおっぱいでした。

乳輪は程よいサイズでしたが黒ずんでおり、乳首は貝柱のように少し長くいじめがいのありそうな乳首でした。

 

早速ボディソープでヌルヌルになった手で乳首を責めます。

大きな喘ぎ声をだしとても気持ちよさそうにしていました。

次はお姉さんのおマンコを洗います。

こちらは陰毛が肛門の回りまでびっしり生えており、マンコのひだはびろんびろんで伸び切っていました。

使い古したマンコでした。

 

「見て、お姉さんのマンカス。汚い(笑)」とマンコについていたカスをお姉さんに見せました。

 

「やめて…恥ずかしい。」とそれから顔をそむけます。

 

「お姉さんのおマンコ、毛がたくさん生えてるから、汚いんだと思う。剃ってきれいにしましょう。M字開脚して床に座って。」

 

僕は丁寧にシェービングクリームをアソコに塗り剃っていきました。

まずはVゾーン。次にIゾーン。

お姉さんは興奮していたのか、愛液をいっぱいたらしていてシェービングクリームもいらないくらいでした。

次に肛門回りの毛を剃りたかったのでお姉さんに「ひざかかえて、まんぐりがえしのポーズして」と指示をし、恥ずかしがりながらもそのポーズをしてくれました。

愛液を塗り、肛門の回りの毛を丁寧に剃りシェービングが完了しました。

 

マンコを覆っていた毛をすべて剃りました。

全部沿ったことにより、伸び切った黒ずんだひだが余計に目立ちます。

熟しきった身体にアソコが無毛というアンバランスさになぜか興奮してしまい僕の息子も気づいたらギンギンでした。

 

「ごめん、挿れたい。お尻向けて?」

僕はそのまますぐに後ろから挿れました。

パンパンといやらしい音が響きます。後ろから胸をもみ乳首を責めると、

「アッアッアッ…ンンッ……。やめて…。」

といやらしい声を上げて、アソコも締めてきました。

 

「がばがばだと思ってたよりも意外と締まるじゃん。」

 

「やめて。恥ずかしいこと言わないで。」

 

「気持ちい…もうっ…イきそう」

 

パン!パン! アンッ!アンッ!

 

「イクね?ナカに出すよ…」

 

「…うん。」

 

気づいたら相当な時間がたっており、僕たちは急ぎ足で上がりそのままタクシーで家路につきました。

 

 

彼女と出会ったのはJメールという出会い系サイトです。

綺麗な熟女の割合が多いです。

熟女と出会ってセックスしたい人はJメールがオススメです。

Jメールの登録は無料です。登録すると1000円分のポイントがもらえますよ!

 

《登録無料》Jメールはこちら【R18】

© 2021 おばさんとのセックス体験記!|出会い系サイトで熟女を抱く♪