盛岡の豊満熟女に『入れてください』ってお願いされたら生挿れて中出し!

タケダです。

今回は盛岡への出張に決まったので、マッチングサイトで好みの女性を検索しました。

とても豊満で好みの女性を早速発見!

名前は『アキ』、42歳の14歳の子供がいるシングルマザーでした。
アキは画像からもわかるように、顔がAV女優の村上涼子を丸くさせた美人でもあり、口元がとてもエロイ、更にボディタイプには、ぽっちゃりと記入されていました。

今回はアキに絞って猛アプローチを開始しました。

大変苦戦しましたが数10回のメールをやり取りし、何とか出張の夜に会えることに♪

 

盛岡駅に19時に待ち合わせ。

10分前に到着し、アキが到着するのを待っていました。
5分もすると駅のロータリーで、赤い軽の車から手を振っている女性が。

車の窓を開けて、『タケダさぁーん』と呼ばれました。

車に近寄り、『乗って!』と言われ、多少の恐怖を覚えましたが、助手席に乗らせていただきました。
車のドアを開けると、車内のライトが付き、アキの顔やシルエットがしっかりと確認できました。

間違いない!本人だ!

画像は加工アプリを使用していたことも確認できましたが、想定の範囲内。

身体は想定よりも少し大きかったのですが、こちらも私のゾーンでした。

基本ルートは、個室の居酒屋やワインバーなどで食事をしてから、ホテルへの流れがいつもの一般的なルートです。

しかしながら、田舎では、駅からホテルが非常に遠くにあったりもするため、私もルートを考えていたが、車に乗ってしまったことで全ての計算が合わなくなってまいました。

 

Mっ気のある熟女と即ホテルへ・・・

 

車に乗ってからは、停車した状態で軽い挨拶、自己紹介などをして会話をスタート。
アキは何故、私がよかったのか、こんなにアプローチしてくれたのかを、聞き出してきました。
私は素直に回答し、アキはとても嬉しそうに喜んでくれました。

会話もほどほどに僕が先手を切ります。

『それじゃ食事でも行きますか?』

アキはそうですねと言い、車を走らせた。

10~15分程度のドライブ中に、急にアキは静かになり、沈黙が流れます。
僕は何か怒らせてしまったのかと思い、
『何か悪いこと言っちゃったかな?今日、無理ならば駅に戻してもらってくれないかな?』
と気分を探りながら、伺います。

アキは小さい声で恥ずかしそうに、
『二人きりになれるところに行きましょうって誘ってくれないんですか?』
僕は、アキにMを感じ始めていました

興奮したタケダは、車が信号で止まった際に、急にキスをし、『すぐに行こう』とアキに
伝え、駅前の繁華街から少し離れた、休憩3500円のホテルへチェックインしました。

 

豊満ボディーの熟女に命令!

ソファに二人で座り、会話を再スタート、車の中にいる時は気づかななかったのですが
服装は胸を強調するようなニットで、下はロングスカート。
お腹も出ているが、それを凌駕する巨乳、巨尻でした。

会話をしながら、ボディタッチを増やしていく、まずは手を触り、太ももの上に
手を置いてみたり、『あっ....あっ...』と反応が良くなってきたので、ロングスカートを
めくり、直接内太ももを揉みほぐします。

次第にアキは、口元が緩み始め、エロさが増してきてました。

アキも我慢できなくなってきたようで、僕のズボンの上に手を添えようとしてきましたが、僕はアキの手を取り我慢をさせます。

熟女のMは、より我慢させることで快楽が深くなることを僕はこれまでの経験で知っていましたからね。

僕はアキに少し命令口調で『スカートを自分でめくって、下着をみせて』とアキに言ました。

すると、アキは立ち上がり、ゆっくりとスカートをめくり始めた。

とても恥ずかしそうなアキの顔により興奮した僕は、立ち上がりズボンを脱ぎ捨て、アキに
『じゃ、ゆっくり服を脱いで見せて』と続けました。

アキは部屋の灯りを気にして、『少し暗くしてもいいですか』と訴えましたが、
僕は無視して、『続けて』とだけ伝えました。

アキは言われたとおりに、服を脱ぎ始めた。
ニットから解放された胸はとても大きく、すぐにでもムシャブリつきたいが我慢します。

上下黒のレース下着姿のアキは、次の指示を待っていました。

僕は『それも取って』と簡単に伝えた。
アキはやはり恥ずかしそうに身体を手で隠しながら、下着を脱ぎました。

『手が邪魔だなぁ』とボソッと言うと、アキは手をどけて、全てさらけ出した状態に

42歳で子供もいるためか、胸は大きいが多少垂れさがっており、乳首は大きめで少し黒ずんでいました。
お腹もでており、おしりの張りも緩くなっているようでしたが僕的には最高のスタイルでした。

裸のアキをソファに座らせ、『自分で足開いてみせて』と命令しました。

ゆっくりと足を広げて、アソコが見えるように開脚します
アキは手でアソコを開き、僕をより興奮させます。

アソコは意外にもきれいでピンク色でしたが、ビラビラがはみ出ていました。
濡れてきていることを確認した僕はより攻めに転じました。
優しく胸を触り、もう片方の手ではアソコの周辺を指でなぞります。

ハァハァと息遣いが激しくなってきたアキですが、僕は柔らかいマッサージのようにアキの身体をじらしていきます。

我慢ができなかったアキは、僕の手をつかみ、アソコに手をもっていこうとしますが、
僕は『お願いは?』とアキに聞きます。

『お願いします、ずぶ濡れのアソコを触ってください』
とアキが僕の目を見て懇願してきました。

 

嬉しそうにフェラするM熟女

僕はその前に、こっちも濡らしてもらいたいのですがと、アキの目の前で息子を晒しました。

アキは『しゃぶってもよろしいですか』と自ら言い、完全に落ちた雌になっていました。

いいよ。の合図で、舌先をピンと伸ばし、根元から先までゆっくり舐めあげ、
何度も鬼頭を舌でこねくり回し、上下へのストロークを開始しました。

とても気持ちが良く、一度逝ってしまいそうになるがなんとか我慢。

しゃぶりながら、『かたい、かたい、ほしい』とアキは自分でアソコを触り、
ぴちゃぴちゃと音を立てていました。

 

お願いされたので生挿入!で、中出し!

僕も我慢ができずに、アキをベッドに移動させ、アソコに指をいれ、抜き差し、こねくり回すと、
『イクっ..』
ものの数回で逝ってしまったようだ。

びしゃびしゃのアソコの周辺を息子で擦りながら
『終わり?』といじらそうに聞くと、

『入れてください』とお願いされたので、

ゆっくり、アソコのヒダを一枚、一枚感じながら、生で正上位挿入。
キスをしながら、ゆっくり腰を動かし、次第に激しく変化。
『またイクっ..』
すると、きゅっとアソコが締り、逝ってしまったようです。

僕もそろそろ限界を迎え、中へたっぷりと放出しました

 

僕とアキはぐったりしながら、キスをして少しの間抱き合いました。

シャワーに入り、正気に戻った二人は、互いに別人でのプレイだったねと盛り上がり、ホテルを後にしました。

お腹も空いていたが、アキの子供もあるので駅に向かいました。

盛岡に、来月も必ず出張してきますとアキに宣言し駅で別れました。

宿泊先に戻った僕にアキからLINEが。

『やりすぎ。でも次回も期待。』

とても良い出張なしました。

 

 

彼女と出会ったのはJメールという出会い系サイトです。

綺麗な熟女の割合が多いです。

熟女と出会ってセックスしたい人はJメールがオススメです。

Jメールの登録は無料です。登録すると1000円分のポイントがもらえますよ!

 

《登録無料》Jメールはこちら【R18】

 

「Jメール」についはコチラに詳しく書いたのでぜひ読んで見てください!

 

© 2021 おばさんとのセックス体験記!|出会い系サイトで熟女を抱く♪