地味な感じの46歳未婚の熟女は久しぶりのセックスで乱れる

こんにちは、タケダです。

先日、名古屋に出張した時に何度か出会い系サイトで連絡しあった、46歳未婚の熟女と会ってセックスしました

その時の少し意外だった体験談をお話したいと思います。

 

出会い系で知り合った、少し垂れ目気味でおっとり系の、いとうまい子似の46歳熟女

何度か連絡を取り合い、やっと会うことができたAさん。

待ち合わせの場所に派手ではなくどちらかというと、少し地味な感じのA子さん

事前に事務系の仕事と聞いていましたが確かに事務向きな感じなたたずまいです。

今回は何気なくサイトに登録してしばらく放置していたのですが、今回偶然連絡が来ました。

未婚で、ずっと独身という彼女。

はじめは会うことにすごく躊躇していましたが、何度かメッセージを重ねていくうちに、今回は会うだけという前提でやっと会ってもらえることに。

 

今回は、あまり派手な所はやめようと思い、地味にお酒も飲めるしゃぶしゃぶ屋で食事

彼女もこの感じの食事の方が落ち着くかと思い、しゃぶしゃぶ屋に誘ってみました。

彼女は笑顔で喜んでくれて、すこし安心した感じがわかりました。

「私、こういうお店の方がどちらかというと落ち着くの」

って言ってくれたから少し彼女の気持ちに入り込めたかなという実感。

はじめは食事しながら軽くビールでしたが、ここは全国の梅酒を取り揃えているお店。

彼女に薦めると、フルーティーな梅酒ばっかりだけに予想以上にお酒がすすみました。

いろいろ話しているうちに、彼女は30代後半に彼氏と別れてから彼氏がいないみたい

確かに少し奥手で、自分から・・・いう感じはしないし、かとって40歳超えてくるとなかなか男性から声はかからな~と思っていました。

 

酔いが回ってきたせいか、だんだん男性の話になってきて

「6年位彼氏いないって事は、Hもしてないの」って自然に聞いてみたら

そうなの、、。」って少し恥ずかしそうな反応。

これは、ホントだな、、。

 

「まあ、色々あっただろうけどね。」「多分さみしい時もるだろうね」っと少し同情心と安心感を彼女に伝えてあげました。

そんな感じで男性のタイプとか話が盛り上がてきて、笑顔が普通に見れてきたのでだんだん打ち解けて来たのがわかりました。

お店を出るとき、彼女を手にそっと触れて、こっちいこうとソフトタッチしたら彼女が握り返してくれました。

「いい感じだ」と実感した瞬間でした。

今回は会うだけど言うのは、もう忘れてしまっている感じ♪

 

ふと、何気なくホテルに誘ってみる

いい感じで酔ってホテルの方向に向かって見ると、彼女は拒否する感じではないので彼女に「入る?」の一言ったら

「、、、、うん」後はなにも言わずホテルの中に入っていきました。

 

ソファーです少し何気にない会話をしながら、お互いまだ酔っているのかいい感じになってきました。

ふと手を添えて肩を寄せ付け、彼女の唇にそっと顔を近づけても拒否する様子なかったのでキスを始めた。

そっと ソフトに舌をいれたら彼女はあまり慣れていないのか、はじめは殆ど反応がなかったけれど、少しづつ舌を絡めれいくうちに彼女の舌がだんだん絡まるようになりまた。

内気な感じのA子さんの身体に少しづつ触れ、肩かから胸にそっと手を添えたら、思った以上に大きな柔らかい胸の感触、、、。

「はぁあ、、はあ、」もう感じでいるのか。

と思う位の声をあげていましたが、その間も激しく舌をからませ甘いA子さんをだんだんその気にさせ、舌は唇をはなれ、首元をすーっと舐め回します。

「うぅ、、はぁぁ 、感じる、、。はぁとなんとも言えない吐息を感じながら、彼女の目はもう止められない男を求める女に変わっていきました。

左手で彼女の股あたりを摩りながら、少しじらす感じで少しづつ下着に触れてみます。

右手で上着を脱がすと少し地味なブラジャーが彼女の胸を支えていました。

我慢できずに、ブラジャーを上にあげると、まだピンクっぽい乳首が少したれ気味に現れます。

もう我慢できず、右手でおっぱいを掴み、乳首にしゃぶりついた途端、彼女は首を上にあげ

「はぁあ はぁぁぁ 感じるわ、、。私、すごく感じやすいの、、。」とまだ乳首を少ししゃぶっただけなのにものすごい喘ぎ声。

両方の乳首を舐めまわすと、もう吐息は止まりません。

だんだん身体が熱くなってきているのがわかりました。

胸から下へ舌を走らせながら、おへそのあたりに来たあたりでスカートを脱がすと、

「恥ずかしい、、。」と熟女の感じがしなく可愛らしい声で足をくねらせ抵抗してきました。

あらわになった下着をゆっくりおろすと、うっすらとした陰毛にまだピンク色に見えるおまんこが現れました。

はじめは目を疑ったが紛れもなく綺麗なおまんこ。

彼女は「恥ずかしいから、、。あまり見ないで、。」といいますが、見ないでといわれてもこんな綺麗なおまんこ見ないではいられません。

ほとんど無臭のあまんこに舌を近づけ少し舐めたら、ビッとした身体で彼女は「はぁぁ」という。すでに感じ始めたところで両手でおまんこを広げて、思いっきり舐めまくりました。

「ジュルジュル、、 ジュル、チュパ、チュ」とまるで高校生くらいのおまんこを舐めているのかと言わんばかりの、綺麗な割れ目。

彼女は身体をくねらせ喘ぎ声をだしながら、身体をそります。

両手でおしりを持ち上げ滅茶苦茶に舐めました。

どんどん愛汁がこぼれ、「いやーー、はぁぁ 感じる、、。」ともう彼女は止まりません。

 

そのまま足を反るようにして、アナルを探ります。

そして、つぼみのようなアナルを舐めまくりました。

左手でおまんこに指入れて、アナルを舐め右手で彼女の口に指2本入れてくねらせます。

もう、彼女は悶えながらも、愛汁がとめどもなく溢れでてきます。

真面目な彼女を少しいじめる感じに、俺のちんこを無理やり彼女の口入れます、、。

はじめは抵抗した感じでしたが、すぐにむしゃぶりついてきてそのまま「69」。

両手で鷲掴みにしておまんことアナルをたっぷり舐めたあと、彼女は騎乗位になり自らすごい勢いで腰をふりはじめました

「ああああ、あああ気持ちいい、、 たまらない」

彼女の顔に似合わず、ガンガン腰を動かします。

彼女の腰を少しあげ、今度は下からピストンを何度も何度も繰り返します。

途中で止めて

「やってほしいか?」

「うん、、お願い」っていうから

「じゃ、私のおまんこにちんちん突っ込んで!」って言ってみなと言ったら。

「お願い!! 私のおまんこにちんちん突っ込んで!!!」

と大声でいうからこちらも興奮して下からピストン、四つん這いにさせて後ろから深く深く入れてやりました。

20分くらいは腰をお互いくねらせ、

「あああぁーー 気持ちいーー  はぁは 」
「もっと もっと、、。」

もう彼女はメス猫のような顔つきで狂ったように腰をくねらせ、わめいています。

 

少し疲れたから、今度はおまんこ、アナルに指を入れて、クリトリスをこすらせてたら、出るわ出るわ、「シューシュー」とベットを濡らして、、。

正常位になりながら、彼女のアヘアヘ顔をじっくりみながらピストンを繰り返し何度も何度も「いくーー いっちゃうーー」というわめき声。

それを聞いていると僕ももう我慢できず、最後は彼女の顔までちんぽもっていき 顔にぶっかけてしまいました。

彼女はひくひくしながらも、指で顔についた精子を口までもっていきおいしいそうに口に入れていました。

ニコニコしながらとても満足そうな彼女の顔が印象的でした。

少し休んでいると、何年ぶりだったのか、今度は彼女からちんこにしゃぶりついて来たのでそのまま2回戦に突入して、彼女はもう何度も何度もイきながら 果てていきました、、。

ホテルを出た後の彼女はまるで別人のような感じでした。

真面目な彼女になっていましたが帰り際、「また 会えるかな?」っといったら「タケダさんなら、、。」と。

それから、たまに連絡取り合い二人だけの秘密の関係は続きました。

 

彼女と出会ったのはJメールという出会い系サイトです。

綺麗な熟女の割合が多いです。

熟女と出会ってセックスしたい人はJメールがオススメです。

 

《登録無料》Jメールはこちら【R18】

© 2021 おばさんとのセックス体験記!|出会い系サイトで熟女を抱く♪