吉瀬美智子さんに似の奥様と子供が帰ってくるまでの時間でセックス!

 

こんにちは。

気づけば38歳になってしまった熟女とのセックスにハマって止められないタケダです。

仕事の関係上、地方出張が多く、今回はその中でも印象に残った名古屋で出会った熟女さんをご紹介しますね。

名古屋でリサーチして発見した吉瀬美智子似の48歳熟女さん

 

昔からのファンでもある吉瀬美智子さんに似ていた熟女さんでした。

 

最初に出会い系での掲示板募集を見た時から私はクギズケ状態でした。

 

やりとりはスムーズに行われ、出会い系を利用して既に旦那には相手にされなくなってしまった身体の火照りを満たして欲しい。

というなんとも性欲をそそられる内容だったため、事前の宿泊ホテルからラブホテルまでの道のりなど徹底的にリサーチを行い、出会い当日を迎えることになりました。

 

待ち合わせは名古屋駅から一番近いコンビニ

これは相手女性への配慮もあります。

 

普段の彼女の行動から駅を利用することはなかったため、不自然な行動はバレないためにもこちらで出来る限りの配慮が必要です。

 

あらかじめ「白のポーチも持つ、グレーの帽子の小柄な熟女です。」とのことだったため、時間通りに見つけることが出来ました。

 

最初に私の方から彼女を発見したのですが、なんとも募集の写真よりも美しく、年齢が違うのでは?もっと若いのでは?と思うほどでした。

 

コンビニの外で待つと、彼女も私に気づき、コンビニから出るとすぐに声をかけていただき、周りを気にしながら二人でタクシー乗り場まで歩いていきます。

 

歩いていく中での会話も彼女はどこか恥ずかしさを感じさせられましたが、私は「写真より美しいですね」や「まだこんな美貌をお持ちなのに旦那に相手にされないなんて信じられません」などたくさん褒めていきます。

 

すると彼女も喜んでくれたのか、すぐに打ち解け、タクシーに乗りホテルまで移動をしていきます。

 

 

時間の関係上、真っ直ぐホテルでプレイを楽しむ

彼女の時間にも都合があり、子供の部活が終わって帰宅するまでの間限定と言う時間の少なさや、私も出張の身であるためにあまり時間に余裕がありませんでした。

 

出張先での出会いで唯一悲しい部分はここです。

 

『相手のことを存分に理解できない』

 

単純に1回限りの出会いというケースが多くなります。

 

しかし、その一回でも楽しみたいのが私ですので、ホテルに入るやすぐにシャワーを利用し、準備を整えます。

 

彼女もシャワーを終え、バスローブに包まれた身体にはまだ艶が見えます。

 

僕は「普段から身体のケアをしているのですか?」と尋ねると、

 

彼女は「なにもしていませんよ。でも火照ることが多いので旦那や子供のいない昼には自分で・・・」と日常の性についても少し語っていました。

 

僕も「それだけエッチな刺激を求めてるってことですよね?」

 

彼女は「少し恥ずかしいです」と言いながらベッドに横になっている僕の元へ。

 

まだ乾ききっていない髪や首筋にうっすらと見える小じわに私は興奮が止まらず、ゆっくりと彼女を抱き寄せます。

 

抱き寄せられた彼女の顔はすでにウットリしている様子で、

 

彼女「あぁ、こういうの久しぶりなので」と息遣いも既に荒くさせていました。

 

僕は「もう身体も火照っていますね」と耳元で囁きながら頭を撫でながら身体をゆっくりと触り始めます。

 

首筋から背中、そして胸まで触るだけで彼女は悶え始めました。

 

本当に久しぶりの経験なんだと実感しましたが、この時の彼女の興奮している顔は忘れられません。

 

また少し垂れている、おそらくDカップぐらいの胸の乳首は既に硬くさせています。

 

ですが、満足させたい気持ちから私はわざとに乳首の周りだけを指で触っていきます。

 

すると彼女も焦らされていることに気づき、「アン、イジワルなのね」と喜んでいる様子です。

 

僕は「こういう焦らされたプレイに弱そうですね?」と聞くと、

 

彼女は「女性の扱いに慣れてるのね。バレちゃった」と言いながら今度は足をモゾモゾさせています。

 

48とはいえ、濡れるには早いかな?と思いながら指をワレメを進めていくと、既にトロトロにさせていました。

 

ここまで来ると僕も我慢できなく、彼女の足を広げ、アソコへの愛撫を少なくしたまま一気に挿入していきます

 

彼女は「あっ待って、イキナリは弱いの」と少し抵抗しましたが挿入した時点で言葉にならない声で感じていきます。

 

しかし、かなり相手にされなかったのか彼女のアソコは物凄くキツく、ゴムを仲介しているとは思えないほどの圧迫感、気持ちよさ抜群でした。

 

彼女は「コレが欲しかったの」と何度も口にしかんじています。

本気で感じる時は少し低めの声で眉間にシワを寄せています。

それを見た僕は興奮を抑えることができず、すぐに射精してしまいそうな欲を抑えようと必死に乳首にしゃぶりつきます。

 

乳首を舐められ、アソコは久々に突かれることで彼女はもうメロメロです。

 

彼女は「激しいの好き、あぁ!」と感じていく姿に私はもう限界です。

 

僕は「そんなに可愛い顔されたらもう射精しそうです」と伝えると

 

彼女も「私も体力無いのでもう無理ぃ」と言いながら腰をビクビクさせ、膣圧も強くなり、私と彼女はほぼ同時に果ててしまいました。

 

ゴムに残されたザーメンを見て彼女は「こんなに出してくれて嬉しい」と言いながら既に身体はぐったりした様子。

 

30分ぐらいベッドの中でお話をし、最後は優しくキスを交わしお別れしました。

 

出張先で出会い系を利用した出会いは必ずしも成功するとは限らないものですが、今回出会った女性のように最高もプレイを楽しむことができるのも、私が出会い系を止められない理由の一つです。

 

彼女と出会ったのはJメールという出会い系サイトです。

綺麗な熟女の割合が多いです。

熟女と出会ってセックスしたい人はJメールがオススメです。

Jメールの登録は無料です。登録すると1000円分のポイントがもらえますよ!

 

《登録無料》Jメールはこちら【R18】

© 2021 おばさんとのセックス体験記!|出会い系サイトで熟女を抱く♪