愛情に飢えた熟女さんと楽しくセックス♪

こんばんは。タケダです。

愛知県。戦国時代には、数多の戦国武将を輩出した歴史のある場所。

今回は名古屋で知り合った三十代後半の奥さまとの体験談をご紹介いたします。

名古屋で出会った奥さま

名古屋に出張ということで、2日前から出会い系サイトでメッセージのやり取りをしていた39歳の奥さんと名古屋・栄駅で待ち合わせをしました。

栄駅周辺は名古屋でも屈指の繁華街であり、飲食店や風俗店が建ち並ぶ「夜の遊び場」。

一夜限りの出会いを求めるなら絶好の場所と言えます。

 

仕事を18時で終わらせ栄駅の改札口で待っていると、私のスマホに「今、栄駅の改札口にいます」とのメッセージが届きました。

すぐさま私もメッセージを送り反応を伺うと、私の方へ視線を投げかけてくる上品な雰囲気の女性が改札口の横に立っていました。

「こんばんは。○○さんですか?」

私の方から女性に声をかけると、

「はい。タケダさんですか?」

どうやら今夜のお相手の女性で間違いないようです。

奥さんの見た目は芸能人で言えば「小池栄子」似。

スラリと背が高く、ロングのコートに身を包んではいますが、スタイルの良さがうかがえました。

しばし改札口での談笑の後、私が名古屋に来たら絶対に食べたかった手羽先のお店に2人で入ることにしました。

 

名古屋名物・手羽先で乾杯

手羽先は名古屋名物の一つにもあげられ、甘辛いタレにピリッとしたスパイスが効いていてビールに良く合います。

あまり飲み過ぎてこの後のお楽しみに支障が出ても困るので、ビールはほどほどに奥さんの話を聞かせてもらいました。

 

奥さんは39歳で、旦那さんと高校生の子どもが1人いるそうです。

若い頃に結婚・出産をしたのであまり遊んでこなかったらしく、試しに出会い系を利用してみたところハマってしまったとのことでした。

「家では大事にされないけど、会ってくれた男の人はみんな優しくしてくれる…」

ポロッとこぼしていましたが、おそらくこれが彼女の本音なのでしょう。

そんな愛情に飢えた奥さまをたっぷり愛してあげるのが本物の「漢」というもの。

お店を出た後はすぐさま近くのラブホテルへ入りました。

 

愛情に飢えた人妻との情事

部屋に入ってからもしばしの歓談。

部屋に備え付けのビールを2人で飲みながらAV鑑賞を始めました。

「○○さんはAVとか観ます?」

「普段はあんまり観ませんね(笑)」

「じゃあこういうエッチは興味ある?」

「そうですね…」

そんな会話をしながら自然とお互いに寄り添い、唇が触れ合います。

「んっ…んんっ…」

甘いキスを交わしながらお互いに着ている物を脱ぎ捨てると、奥さんの裸が露わになりました。

胸のボリュームは本物の小池栄子より劣りますが、なかなかに整った形の美乳。

くびれた腰に大きめのお尻。陰毛は薄めですが、ぷっくりとしたイヤラシイ形のアソコをしています。

「ああ…すごいきれいだよ…」

私は我慢できず、奥さんの体中を舐め始めました。

奥さんの甘い香りが欲情を掻き立てます。

「ン…アン…気持ちいい…」

首筋、乳房、乳首と舐めてあげると、奥さんの口から吐息が漏れ出しました。

徐々に下へ下がっていき、アソコに到達。

優しくクリトリスに吸い付くと、

「アアァン!」

奥さんは一際大きな声を上げました。

おそらくここが弱点なのでしょう。私は丹念にその突起物を舌で転がし、愛撫し続けました。

奥さんのアソコからエッチなお汁が溢れてきます。

「すごい…タケダさん…上手…」

奥さんはそう呟くと、クルッと体勢を変えて、

「あたしも舐めたい…」

そう言うと私の息子にむしゃぶりつき始めました。

人妻の舌技に私の息子も大喜び。ガチガチになった男根は、おへその辺りまで反り返るほどでした。

「もう我慢できない…入れるよ…」

「アン…ゴムは着けてね…?」

さすがに生で挿入…とはいきませんでしたが、枕元に準備してあったゴムを装着し、ビンビンになっている肉棒を奥さんのアソコに突き立てました。

奥さんのアソコは十分に湿っており、私の息子を奥へ奥へと誘うようにうねうねと蠢いています。

「アンッ!気持ちいいッ!」

「オレも気持ちいいよっ!」

ここからはお互い舌を絡めるディープキスを交わしながら獣のように腰を振りまくりました。

パンッ…パンッ…パンッ…!

腰と腰がぶつかり合う音が部屋中に鳴り響きます。

「あーイキそう…オレもう出ちゃうよ…」

「あたしも…イックぅっ…!」

「うああぁっ!」

余りの気持ち良さに、二人同時に絶頂に達してしまいました。

 

ビクビクと小刻みに体を震わす絶頂の余韻を楽しんだ後、奥さんのアソコから息子を引き抜きました。

ゴムの中にはたっぷり放出した私の子種たちが溜まっています。

「ああ…勿体ない…これちょうだい…」

奥さんはそう言うと私の手から子種の入ったゴムを奪い取り、自分の口元に持っていくと舌の上にザーメンをたっぷりと搾り出しはじめました。

出来の悪いゼリーのような私の精子が奥さんの舌の上に溜まっていき、奥さんはそれを味わうように飲み干しました。

「すっごい濃いの出たね…とっても美味しい…」

その後、私のザーメンだらけの肉棒も丁寧に舐めてきれいにしてくれました。

 

こんなエロくて性格の良い奥さんでも、家庭での愛情に飢えているのか…。

とても感慨深い一夜となりました。

 

彼女と出会ったのはJメールという出会い系サイトです。

綺麗な熟女の割合が多いです。

熟女と出会ってセックスしたい人はJメールがオススメです。

Jメールの登録は無料です。登録すると1000円分のポイントがもらえますよ!

 

《登録無料》Jメールはこちら【R18】

© 2021 おばさんとのセックス体験記!|出会い系サイトで熟女を抱く♪