フレンドリーでスタイル抜群の五十路熟女とアナルセックス!

タケダです。

今回は名古屋出張の時に出会った、少し背が低いけど、細身できっと昔はモテたんだろなと思わせる感じの女性

あおちゃんとのアナルセックスのお話をしたいと思います。

 

島崎和歌子似の少し豪快さがある感じのあおちゃん。

今回はあおちゃんとの出会いです。

出会い系で話をしている最中からめちゃくちゃフレンドリーの彼女。

あおちゃんって呼んで!

とそんな感じのスタートから連絡を取り合い、今回のご対面にいたりました。

 

あおちゃんは今はスポーツインストラクターを引退して、たまにお手伝い程度にインストラクターの仕事をしている51歳の女性です。

でも元インストラクターだけあって、スタイルは抜群

多少しわがあるけど、基本的に美形です。

 

名古屋駅で待ち合わせしましたが、スタイルがいい熟女さんだけあってすぐにわかりました。

髪は染めていて、またこれが綺麗、そして香水の香りがまた大人です。

 

フレンドリーのあおちゃんと居酒屋へ

今回は、おあちゃんを居酒屋に誘ってみました。

イタリアンでもよかったけれど、なんとなく気兼ねなく話せそうなので居酒屋にしてみました。

 

とりあえず 豪快に生ビールを飲むあおちゃん。

居酒屋にしてよかったんじゃん 笑

 

色々話聞いてみると、子供はもう大学卒業して働き始めていて、旦那は車関係の仕事。

これから気ままにくらしていく感じということ。

旦那とは仲は悪くないけど、別によくもなく、それなりでまったく生活に刺激がないという事。

確かにながく連れ添っていたらそうもなるかも・・・

 

「出会い系よく使うんですか」

と聞くと、

「使うけど、変な感じの人が多くて、ほら私取り合えず50過ぎだから返事もあまり来ないのよ」

「へ~ そうなんですね」

「主人も働くだけの人だし、つまらないから遊びたいな~なんて思ったりすることあるのよ」

「へ~ あおちゃんかわいいからモテでしょう~」

「タケダさん、街中で50過ぎのおばさんにわざわざ声掛ける?? かけないでしょう 笑」

「普通、綺麗な方でも、あーー 綺麗だなとか家庭あるんだなとか思う程度で、まさか誘わないでしょう~」

「まあ たしかに、、。さすがにわざわざ声掛けたりはしないな  (笑)」

「タケダさんは?? よく出会い系使うの??」

「えええ、、。たまに。」

「私みたいなおばさん相手にしないでしょう」

「ええー そんなことないですよ」

内心『熟女専門ですが、、。』

 

「出会い系で会う人はやはり、H目的な人が多いの?」

「まあ 確かに、、。」

「私もそうみえるかしら、、。 そうよね こういうサイトで出会っているんだもんね」

「タケダさん、お願いあるの 私セックスしたいの いいかしら」

きっと、普段誰にも言えないけど、今日は思いきってトライして見た感じでしょうか

「はい、いきましょうか」

 

近くのホテルに

ホテルに入って、今回は初めにシャワーに入らせてもらいました。

おあちゃん綺麗すぎてムラムラの実感がまだわかない感じの僕。

 

順番にシャワーに入り、バスルームからタオル巻いてきたおあちゃんが妙に色っぽかったので、だんだん僕の気分も盛りあがってきます。

横に座ったあおちゃんにそっとキスをしました。

綺麗な髪を撫でながら、キスを繰り返すと、なんとも言えない吐息が僕の口に吹きかかります。

 

そっとタオルをとると、少し垂れたおっぱいがあらわになりました。

僕が吸ってあげると

「ああ  ああああ ふう あはあ」

ともだえながら少し声を我慢している感じです。

横に座ってる僕のちんこはタオル越しにでもわかるくらいビンビンになりました。

 

今度はあおちゃんが俺の乳首を吸い、わきの下を舐め、すーっと股まで行くきます。

そして、ちんこを美味しそうにしゃぶります。

「はあ 、久しぶりだわ~ 」

何度も玉袋をはじめ、20分くらいずっと食いついていました。

 

たまらなくなった僕はをあおちゃんを横にして、右指でおまんこを刺激。

たっぷり擦ってあげたら彼女は

「ああああ あああ いいわ~」

と身体を捩らせ感じています。

 

そろそろ舐めてみるか~と思い、まんこをじっくり鑑賞、彼女のまんこはとっても綺麗でした。

両手で広げてみてもピンク。

ちょろちょろと舐め始めたら案の定めちゃくちゃ感度がいいです。

めちゃくちゃ濡れまくっています。

だらだら出る汁がアナルまで・・・

 

彼女を四つん這いにさせてさせて、後ろから顔をつけ舐めてあげたとき、アナルが少し緩めだったのでもしかしたら、、。

と思い、指に彼女の汁をつけて、アナルにいれたらすんなり入りました。

「いや~ん そこは、、」

と、わざとらしい声が・・・

あ!アナルやってるなと判断した僕。

 

即、後ろからちんこをまんこに入れて何度も気持ちよくさせてあげます。

彼女は喘ぎながら頭を上下にふり

「っは はははああ いいわ いいわ」

そのヌルヌル汁がついたままゆっくりアナルに挿入。

すんなり入っちゃいました。

めちゃ気持ちいい。

彼女も受け入れてくれました。

アナルは上から刺すように入れます。

締りもよくてとても気持ちがいい。

彼女もわめきながら感じているようです。

「ああああ たまらないわ ああああ」

何度もピストンするうちにベットに潮吹きしちゃいました。

 

卑猥な姿がまたいやらし。

もうここまで来たら滅茶苦茶な気分です。

理性もなにもあったもんではありません。

アナルやった時は特そうなります。

 

正常位でもアナルとまんこを交互にいれてもうやりたい放題。

あおちゃん可愛い~~

お互い、汗びっしょりになりながら騎乗位をして彼女は腰を振りまくる。

「あああ あああ きもちいい いく いく いく~」

僕はまた彼女を四つん這いにさせて後ろから突きまくります。

そしてアナルに入れます・・・何度何度も入れます。

今回はアナルの結合部分をじっくり眺めながらアナルに射精。

締りがよくてめちゃ気持ちよかったです、、。

一緒にシャワーを浴びて、身体を洗ってくれて最後に、ゆっくり時間をかけてしゃぶってくれました。

そして、いつでもまたやろうねと約束してホテルを後にしました。

やっぱり、アナルは気持ちいいですね。

熟女の穴はどれ最高です。

 

彼女と出会ったのはJメールという出会い系サイトです。

綺麗な熟女の割合が多いです。

熟女と出会ってセックスしたい人はJメールがオススメです。

Jメールの登録は無料です。登録すると1000円分のポイントがもらえますよ!

 

《登録無料》Jメールはこちら【R18】

 

「Jメール」についはコチラに詳しく書いたのでぜひ読んで見てください!

© 2021 おばさんとのセックス体験記!|出会い系サイトで熟女を抱く♪