高身長の巨乳熟女!娘一人のシングルマザーの寂しがる身体を頂きました!

こんにちは、タケダです。

出張の多い仕事で、ここぞとばかりに出先では出会い系で熟女と接触することを楽しみとしています。

仙台で巨乳の熟女と待ち合わせ

これはつい先日のことなのですが、出張で仙台へ行きました。

そこで出会った熟女はある意味で大物かなと。

名前は佳奈、44歳

背も高く、表情も優しそうな好感の持てる顔です。

雛形あきこに似ているかなと。

 

雛形に似ているというのは顔だけではありません。

そう、胸も結構あるのです。

初めて会った時は仙台駅前でした。

待ち合わせをして現れた佳奈を見て思ったのは、わりと肉付きがよいのか…と。

 

でも違ったんです。

胸が大きくて、そのせいで全体的に膨らんで見えていたんですね。

それで大物と僕は言ってしまった次第です。

 

 

その気にさせる佳奈

佳奈とは夜の7時に待ち合わせをして、駅近くのダイニングバーに入りました。

あまりつまみは食べないと言うので、お酒をメインに会話を楽しむ僕ら。

「タケダさん、私みたいな年寄りでもいいんですか?」

佳奈は気が引けている様子。

 

「何を言ってるんですか。僕は佳奈さんみたいな人が好きなんです!」

ちゃんと本音で答えました。

 

「あら、お上手ね」

「でもタケダさんはイケメンで、私はラッキーって思いましたけどね」

 

そんなことを言われたら、舞い上がるし股間は膨らむばかり。

話を進めていくと、佳奈は現在シングルマザーで子供も就職したとのこと。

一人になったのが寂しいらしく、つい出会い系に行ってしまったらしいです。

 

それであれば、早くこの身体を癒してあげなければと思うわけです。

「佳奈さん、次に行きましょうか?」

 

「はい、そうしましょう」

 

佳奈もすでにその気なんでしょう。

店を出て手を繋いで、飲み屋街を少し外れたところにあるホテルに自然と足が向きました。

 

「タケダさん…私こういうところ久しぶりだから緊張します…」

 

なんて可愛らしいことを言う熟女なんでしょう。

早くいただきたい欲求が爆発しそうです。

僕は佳奈の髪を撫でて腰に手を回し、ホテルの中へ誘いました。

 

 

感じまくりボディー

ホテルの部屋に入り、ライトは弱めに。

僕らは自然と抱き合ってキスをしました。

舌を絡め、僕はその舌先を佳奈の首筋や耳へと滑らせます。

 

「あふん…」

 

佳奈のメス声ご漏れてきました。

僕は佳奈の耳を優しく舐めながら、背中のファスナーを外します。

そしてインナーにブラジャーも外し、大きな膨らみを表していた胸が僕の目に映りました。

やや垂れてはいたものの、僕の手からはみ出てしまいそうなほどのボリューム

ウエストは細く引き締まっているのに、不思議なバランスでした。

 

なんにしても僕はその身体に興奮が爆発して、カナの乳首をしゃぶります。

 

「はぁぁぁん…!やぁ、あぁぁ…」

 

予想以上の佳奈の喘ぎと体の反応が、僕を野獣にします。

乳首をしゃぶりつつも佳奈の黒のパンティーを下げ、優しくアソコも愛撫しました。

 

「はぁん…!た、タケダさん…!ハァァゥン…」

 

「佳奈さん、感じやすい身体ですね。もうグチョグチョですよ」

 

僕の体にしがみつき必死にエロい刺激に耐える佳奈。

吐息も荒くなり腰もひくひくしたところで、僕は佳奈をベッドに寝かせて足を開きました。

僕の大好きな熟女のアソコが露になり、思わずクンニを敢行してしまう僕。

 

佳奈の腰が浮き上がり、声も急に激しくなります。

 

「あぁぁー…!タケダさん、ダメ…!イク…!」

 

佳奈は全身を震わせて絶頂に達してしまいました。

激しい吐息をこぼしながら、しわくちゃのシーツにうなだれる佳奈。

 

「佳奈さん、全身が敏感ですね」

 

「も、もう…気持ち良いから…」

 

僕を女の目で見つめる佳奈。

見つめられながらパンツを脱いで肉棒を佳奈のアソコに擦り付ける僕。

 

「やん、それ久しぶり…入るかな…?」

 

「少しずつ挿れますよ」

僕は腰を前進させて肉棒を佳奈の中に忍ばせにかかりました。

やっぱり最初はきついかなと思いましたが、佳奈は受け入れたい様子。

 

「あんん…嬉しい…」

 

何年ぶりかもしれないと言うセックスに女を感じる佳奈。

僕の腰振りで、大きな胸を揺らしながらやはり感じまくっていました。

 

「やぁ、ぁぁん…!は、激しい…!あはんんん…!」

 

佳奈のアソコの中は僕の肉棒を締め付け、溜まっていた精子を呼び覚まして行きました。

がむしゃらに佳奈の揺れる胸を揉みながら、昇天はすぐそこに。

 

「佳奈さん、出しますよ!」

 

「はぁん、うん…!だしてぇ…」

僕は勢いのあまり、佳奈の中に射精をしてしまいます。

熟女のアソコの中でも、佳奈の中はそれだけ僕のムスコにフィットしていました。

ただ、子供ができませんようにとは祈っておきましたけど。

 

 

最後に

それからのこと、佳奈は久しぶりのセックスに体が思い出してしまったようです。

それからしばらくベッドで一緒に横になっておりましたが、佳奈は僕のムスコをいじっていました。

硬くなったらフェラをしておねだり状態です。

この一晩で4回はやってしまいました。

 

 

彼女と出会ったのはJメールという出会い系サイトです。

綺麗な熟女の割合が多いです。

熟女と出会ってセックスしたい人はJメールがオススメです。

Jメールの登録は無料です。登録すると1000円分のポイントがもらえますよ!

 

《登録無料》Jメールはこちら【R18】

© 2021 おばさんとのセックス体験記!|出会い系サイトで熟女を抱く♪