失敗!大阪の熟女さんとのセックスは終電までの時間との戦い⁉︎

こんにちは。
出張野郎のタケダです。

先日、大阪に出張でしたので、その時の出会い系で出会ったグラマラスな熟女との体験談を記していきます。

時間との闘い!Fカップ熟女との思い出

今回のお姉様は身長160㎝くらい、グラマラスボディーの48才でした。

 

待ち合わせは大阪駅

今回の待ち合わせ場所は大阪駅でした。

近くには大阪の繫華街の一つである梅田がある場所です。

 

今回の彼女はお酒が好きということで飲み屋がたくさんある大阪駅で会うことになりました。

出会い系サイトのプロフィール欄にFカップと明記があったので、揉むことだけを考えて連絡を取りました。

20時に大阪駅で待ち合わせをしたのですが、人が多く、駅も広いため、大阪駅に着いてから出会うまでに30分の時間を要しました。

この30分が後に後悔することになります。

30分後、少しぽっちゃりではありますが、プロフィール通りの爆乳彼女と無事に会うことができました。

 

彼女が行きつけのバーへ

彼女が梅田に慣れているということで行きつけのバーに行きました。

店がエロティックな雰囲気で僕の気持ちも高まります。

しかし、ここで問題が発生します。

彼女が行きつけのバーということもあって、マスターや常連客と話し出すのです。

あまりの盛り上がりに次に誘う時間がかなり遅くなりました。

結局、店の外に出たのが23時前でした。

 

ラブホテルへ

その場の雰囲気でホテルに行くことはできましたが、ラブホテルに向かっている途中に人妻であることを暴露されます。

しかも、人妻ということで彼女は「終電までには帰らないといけない」と言ってきました。

彼女の終電は0時30分です。

ホテルにチェックインできたのが23時30分前でした。

 

すぐに彼女をベッドに倒し、キスをします。

時間が無くても、男女がベッドに入るとスイッチが入いります。

彼女は舌を絡め、僕の乳首をまさぐってきます。

 

僕も彼女の服を脱がし、彼女を見るとそこには大きなメロンが二つあります。

我慢できずに顔を谷間にダイブ!!!

あの時の柔らかさは今でも顔に残っています。

その後にブラジャーのホックを外すと期待通りのおっぱいが目の前に広がります。

 

彼女は「恥ずかしい」と照れながらおっぱいを手で隠しますが、そのような時間は僕にはありません。

彼女の手を強引に解き、乳首を舐めます。

彼女は「アッッ アッッ アッッ」と大きな声で喘ぎます。

30秒後、彼女の声は更に大きくなり「イク イク イク」と乳首だけでイキました。

かなり敏感な体質みたいです。

彼女の股間を触るともちろん濡れ濡れです。

時間がないので、そのまま挿入。

挿入すると彼女は「気持ちいい」と叫びます。

 

僕もイクことだけ集中して、腰を振りますが、時間に追われているプレッシャーと酒の飲みすぎでなかなかイクことができません。

最終的には中折れする始末。

彼女は「今日はもう終わりね」と呆れた顔で言ってきます。

 

そのまま彼女はシャワーを浴びに行ったので、ムラムラを抑えきれない僕は彼女の下着をおかずにオナニーをして、イキ果てました。

集合時間が30分遅れたこと、バーに長時間滞在してしまったことが悔やまれますが、当初の目的であるFカップを揉むということは達成できたため、「これはこれでオッケー」と自分に言い聞かせます。

嬉しいことに帰り際、彼女が「また、遊ぼうね」と声を掛けてくれ、連絡先を交換できたので絶対にリベンジします。

 

彼女と出会ったのはJメールという出会い系サイトです。

綺麗な熟女の割合が多いです。

熟女と出会ってセックスしたい人はJメールがオススメです。

Jメールの登録は無料です。登録すると1000円分のポイントがもらえますよ!

 

《登録無料》Jメールはこちら【R18】

© 2021 おばさんとのセックス体験記!|出会い系サイトで熟女を抱く♪